キャリアと働く環境

Career

SSコース座談会

SSコース座談会

プロフィール

PROFILE

● 小島 花穂

情報サービス部
2018年入社
社会学部 社会学科卒

● 下條 まりな

日本証券クリアリング機構
2018年入社
経済学部 経営学科卒

● 寺門 茉里佳

秘書室
2018年入社
経営学部 会計学科卒

● 鶴屋 珠里

上場部
2018年入社
教育人間科学部 心理学科卒

なぜ、日本取引所グループを
選んだのか?

-就職活動の経緯と入社の決め手について

下條私は、ゼミを通じて関心を深めていたこともあって、就職活動でも金融業界を中心に考えていました。さまざまな企業を訪問するなかでJPXを知りましたが、独自の取り組みで事業展開している点に惹かれました。

寺門私は多様な業種でのインターンシップを経験した後、下條さんと同じく主に金融業界を目指すようになりました。その中でもJPXは独自性の高さと、さまざまなセクションを擁していて経験の幅を広げられそうだと思ったことが大きかったです。

鶴屋私は大学の専攻が心理学だったので、最初から金融業界に絞っていたわけではありません。ただ、就職先選びでは「公共性の高さ」をキーワードにしていました。最終的にJPXを選んだ理由は「アジアで一番選ばれる市場を目指す」という姿勢に共感できたからです。こういった会社に入れば、自分も挑戦意欲を持ちながら働けそうだと思いました。

小島私の場合、地道にコツコツ取り組むことが好きなタイプだと自己分析していたので、金融業界の職務が向いているのではと思いました。中でもJPXは少人数で日本経済のインフラを支える大規模な事業に取り組んでいる点が魅力的でしたね。社会的意義の大きさを認識しながら、また自分が一戦力であることを実感しながら働けそうだと思いました。

-SSコースでの入社を希望した理由

小島幼いころからずっと東京の実家で暮らしてきたことが大きかったですね。社会人になるというだけで学生時代とは大きく環境が変わるわけですが、住環境まで変わってしまうのは、私にとって負担が大きすぎると感じました。プライベートでの変化は最小限に抑え、そのぶん職務に専念したいと考え、SSコースを選択しました。

鶴屋私は一定の範囲内で腰を据えて働き、専門性を身に付けたいと思っていました。 JPXのSS職はGS職と比べると、やや長めにひとつの部署に在籍することが特徴です。こうした環境であれば、自分ならではの信頼される存在に成長できるのではないかと思いました。将来、仕事と家庭を両立して働き続けたいと考えていたこともあり、JPXではSSコースを選択し、他の企業でもエリア限定の総合職を受けていました。

寺門私も長く働くことを前提に自分のライフサイクルを考えた時、転勤がないということが就職活動のひとつの軸になりました。他の金融機関ではエリア総合職は営業が中心、一般職は窓口業務が中心と、どちらも偏っている気がしているなか、JPXのSSコースならさまざまな職務に就ける可能性があり、バランスよく成長できそうだと思ったことが大きかったです。

下條私は3人と違って最初から一般職やエリア総合職にしようと思っていたわけではありません。金融機関に就職した先輩との面談を重ねるなかで、2~3年ごとに異動して職務内容や勤務地が変わるような働き方より、ライフプランを考えながら自らの意欲に応じてさまざまな職務に従事できる働き方のほうが、自身の性格にフィットしていると考えるようになりました。そのような観点から職種を考えたとき、JPXのSSコースは最適だと思いました。

現在の仕事内容とやりがいは?

ー現在の仕事、やりがいについて

小島金融取引に必要なLEIと呼ばれるコードの付番に関するタスクをはじめ、請求、月次業績資料の作成など、幅広い業務を担当しています。社内の各セクションや海外機関など、さまざまな関係者とやりとりする中で学ぶことは多く、学生時代とはまた違う充実感があります。

下條所属部署では取引所を介さず当事者間で行われるデリバティブ取引を対象に、その清算関連業務を担っています。私自身は事務処理業務をはじめ、問い合わせ対応や清算参加者の会合のセッティング、システム更改に関わるテストなどを担当しています。小島さん同様、多様な職務を担当するなかで自身の成長を実感できるのがやりがいです。

寺門私は役員の方々のスケジュール管理や出張手配などの秘書業務に従事しています。一人で複数の方々を担当しますが、資料ひとつとっても求められる種類やタイミングはそれぞれ異なります。新入社員の立場では本来あまり接する機会のない経営陣と、日々仕事をさせていただくことで受ける刺激や緊張感は大きなやりがいに繋がっています。

鶴屋 私が所属する上場部では、上場会社の管理やサポートを担っています。私自身は上場会社から提出される書類の管理、決算の集計、開示状況の確認、新規上場時の開示情報の登録などを担当しています。自分が関わった業務が新聞や経済誌に載ることも多く、株式市場の信頼性の維持向上に貢献できていることを実感できるのがやりがいです。

ー入社前と入社後で感じたギャップ

寺門証券取引の関連業務に就くことをイメージして入社しましたが、秘書室に配属されたので正直驚きました。学生時代のうちに秘書検定をとってあったとはいえ、1年目から役員秘書などという大役が務まるのかと不安にも思いました。ピリピリしたムードのなかで働くことになるのだろうと覚悟していましたが、実務に就いてみると、むしろ役員の方が私に気を遣ってくださるなど、とても和やかな雰囲気だったので安心しました。

鶴屋社会人になったら休みはなかなかとれないだろうと思っていましたが、まったく違いました。職場の上司や先輩方は有給取得やフレックスタイムの活用を勧めてくださるなど、若手の私にも優しく接してくださいます。おかげでプライベートな時間をしっかり確保できていますが、これはうれしいギャップでしたね。

小島ルーティンワークが中心になるのだろうと思って入社しましたが、実際には担当業務が多岐にわたるうえ、柔軟な対応を求められる場面が多いのが意外でした。さまざまな業務に携わり、成長の機会が多いのはうれしいことですね。また、先ほど海外機関とやりとりすることもあると言いましたが、これほど英語を使う機会に恵まれているとは思いませんでした。社内のカフェテリア研修を活用して英語力の向上に励みたいと思います。

下條基本的に入社前に抱いていたイメージ通りに働いていますが、英語については小島さんと同じです。カフェテリア研修では年間30万円の補助を受けることができるので、私もこの機会に語学の研鑽に努めたいと思います。

何を学び、どのように成長し、
何を目指すか?

-実務を通じて成長を実感する部分

下條学ぶということについて学生時代はもっぱら受け身の姿勢でいましたが、今は自分で調べる、先輩に教えを請うなど、自ら進んで学ぶようになりました。職務という具体的な課題があると、自然と「学びたい」という欲求が生じるのだと実感しますね。

鶴屋学生時代のアルバイトでは、自分の担当職務をこなすことだけで精一杯でしたが、今は自分の仕事がどのような意味を成すのか、なぜ必要なのかなど、全体を俯瞰しながら臨むようになりました。目の前の仕事を機械的にこなしているだけでは、想定外の事態に対応できないと知ったからです。

寺門学生時代はあまり意識していなかったビジネスマナーが徐々に身についてきたように思います。役員秘書として社外のトップクラスの方々と接する分、より高度なマナーを身につける必要があると切に感じています。また秘書として身につけたスキルは私自身の大きな財産になると実感しています。

小島以前より相手の立場で物事を考えるようになったと思います。実務のなかでは報告やプレゼンをする機会がありますが、自分本位に話しても、伝えるべきことが伝わらないと痛感したからです。今はどういう順番でどこを強調して話すべきかを強く意識しますね。

-現在の課題と今後の目標について

寺門先輩方を見ていると、細かいことにも素早く気づき、常に先まわりして役員の方々をサポートしていらっしゃいます。何を求められることになるのか、先を予測できる感性を磨きたいです。上司が勧めてくださった、社外の秘書研修を受けることなどで能力を高めたいと思っています。

小島情報サービス部では複数のタスクを同時並行でこなすことが多くあります。場当たり的に従事していては効率よくこなせませんから、各タスクの期限を見ながら逆算して予定を立てるようなタイムマネジメント力を高めたいですね。寺門さんと同じで、お手本は先輩方です。立ち振る舞いをよく観察して、見習おうと思っています。

下條任された仕事をこなすことで精いっぱいになってしまいがちな点が改善課題だと思っています。先ほど鶴屋さんが触れていましたが、「なぜこの仕事が求められるのか」という、担当している業務の位置づけを含め、所属部署が担っている業務の意義を考えて臨むようにしたいですね。幸い、部署内にはさまざまなジャンルのスペシャリストがそろっていますから、誰がどのような分野に強いのかを把握して学ばせていただこうと思っています。

鶴屋当面は業務知識を増やすことに専念しなければと思います。研修や講座が豊富に用意されているので、うまく活用したいですね。また、今後は任された仕事をただこなすのではなく、仕事の意味や目的をしっかり把握したうえで、私ができる仕事の範囲を広げていくことができればと思います。