キャリアと働く環境

Career

SSコース座談会

SSコース座談会

プロフィール

PROFILE

● 髙澤 あづみ

金融リテラシーサポート部
2019年入社
文学部 日本文学科卒

● 児玉 佳奈子

情報サービス部
2019年入社
経営学部 経営学科卒

● 深澤 みなみ

上場推進部
2019年入社
人間科学部 健康福祉科学科卒

● 髙橋 沙也香

株式部
2019年入社
経済学部 経済システム学科卒

なぜ、日本取引所グループを
選んだのか?

-就職活動の経緯と入社の決め手について

髙澤私は、人の活動の基盤となる仕事であることと会社の安定性の2点を重視し、金融業界を中心に就職活動を行いました。JPXはつながりのある方が働いていることからその存在は知っており、金融業界のひとつとして興味があったので会社説明会に参加しました。そこで社員の方々とお話するなかで、JPXは私が重視した点をどちらも兼ね備えていると感じ、入社を決めました。福利厚生制度が充実していることも魅力でしたね。

児玉ゼミの先輩がJPXで働いていて、2年次の就職セミナーに来ていただいたのでJPXについても早くから知っていました。入社を決めた理由は3つです。ひとつは公共性が高く、社会にインパクトを与えられる仕事はやりがいが大きいと考えたから。2つ目は、社員の方がご自身の仕事について生き生きと話されることに好感を抱いたこと。そして3つ目が、将来仕事と家庭を両立し働き続けるうえで、ワーク・ライフ・バランスの取れる環境があることです。

髙橋私は大学で経済について学んでいたため、金融業界を志望していました。JPXは海外からの投資マネーを呼び込んだり、上場を推進したりするなど、さまざまなステークホルダーと関わりながら日本の経済を支えているダイナミズムに惹かれ、当初から第一志望でした。

深澤私の場合は取引所の役割の重要性もそうですが、投資家や証券会社、メディアなどステークホルダーが多岐にわたることから、多様な業務にチャレンジできる機会があると感じたことが入社の決め手でした。

-SSコースでの入社を希望した理由

児玉私は大学のゼミでもそうでしたが、昔からリーダーシップをとるよりメンバーをサポートすることが多かったです。自分が先頭に立つよりも、側面からみんなを支えたい。そんな自分の性格からSS職が適していると思いました。

深澤私も児玉さんと同じで誰かをサポートすることが好きで、大学ではゴルフ部の主将を務めたのですが、周囲の意見を聞いてまとめる調整役タイプの主将でした。それに真面目にコツコツとこなす事務作業も好きなのでSS職を希望しました。

髙橋みんな似ているのかもしれませんね。私もタイプ的にはサポート役です。自ら新しいアイデアやサービスを生み出すことは得意ではありませんが、指示されたことを間違えず正確にこなすことが得意なのでSS職が向いていると思いました。

髙澤実は私は、JPX以外はすべて総合職志望です。総合職でないと仕事の幅が極端に狭められることが多いと感じていました。でもJPXのSS職ではさまざまな業務にチャレンジできます。勤務地も選べるSS職であれば今後のライフスタイルを考えるうえでのメリットも大きいと考えました。

現在の仕事内容とやりがいは?

ー所属部署のミッションと担当業務について

髙澤金融リテラシーサポート部は、高齢社会も踏まえた安定的な資産形成や、投資未経験者層に対する金融リテラシーの向上を目的とした活動を行っています。私は主に東証Arrowsの見学、株式投資体験コーナーの案内を担当しています。やりがいを感じるのは見学者の皆さまが満足し、投資に興味を示していただいたとき。また、案内に対するお礼を言葉やお手紙でいただいた際はとても嬉しいですね。

児玉情報サービス部は、投資家の判断材料となる情報を報道機関等に配信するほか、多種多様な株価指数を企画・開発しています。これらの情報配信業務は、JPXを支える主要な業務のひとつです。私はコーポレートアクションに伴う浮動株比率の見直しや、各指数に関する公表資料の作成を担当しています。機関投資家をはじめとするユーザーの方々が利用する数値を扱う、影響力の大きい業務であり、日々責任感を持って取り組んでいます。

深澤私が所属している上場推進部では、魅力的な市場をつくるために、質的魅力を備えた企業の上場サポートを行うほか、ETFやREITといった上場商品の拡充に努めています。私はこれらの担当者が業務を円滑におこなえるよう庶務的な業務を主に担当しています。

髙橋株式部のミッションは健全な市場運営と利便性の高い市場の構築、そして投資家基盤の拡大ととても多岐にわたります。私は投資家の方々の判断材料となる、信用取引残高や信用取引が可能となる銘柄の公表などを担当しています。自分の公表したものが投資者の投資判断に影響を与えるだけに、つねに緊張感を持って業務にあたっています。

ー印象に残っている仕事は

髙澤部署に配属後まもなく、翌年度JPXに入社予定の内定者を案内しました。今後一緒に働く人たちに「この会社に決めてよかった」と思ってもらえる1年目社員の姿を見せたいと思いとても緊張しました。私自身の案内のデビューでもあったのですが、皆さんが真剣に聞いて下さり、自信になりました。

児玉浮動株比率は年に4回定期見直しを行います。3月決算の企業が多い1月~3月期決算の定期見直しでは、指数開発・運用グループが一丸となり、約2週間で2000社以上もの有価証券報告書を一つひとつ確認しました。地道な作業によって浮動株比率が計算されていることを改めて実感するとともに、大きな達成感も感じました。

深澤上場推進部では外部でIPO等についてのセミナーや講義を行っており、そのレポートの取りまとめも私の業務のひとつです。その中のある大学で行われたIPOセミナーで、学生から提出された感想文をまとめた業務が印象に残っています。「こんなことがビジネスに繋がるのではないか」と大学生らしい斬新なアイデアが満載で私も大きな刺激を受けました。

高橋現在、とある規程の改定業務に携わっています。現状にそぐわなくなった現規程を見直し、何を明記すべきかを検討するのですが、専門知識が求められるため勉強会も開かれています。規程は業務のよりどころとなる重要なものですし、私の業務理解度が試されることにもなるので、きっと忘れられない仕事になると感じています。

何を学び、どのように成長していくのか

-仕事で心がけていること

深澤私の場合、庶務業務が多いので、仕事の量と質を保つための工夫を追求することが大切だと思っています。業務には「緊急ではないけれど、今後のためにやっておいた方がよいこと」が多くあります。それらを工夫しながら進めることで、業務の効率化がいっそう図れると私は考えています。

髙橋公表業務では作業の正確さがとても重要になります。求められるのは真面目さと我慢強さでしょうか。データが揃わず、時間に追われながらの作業となることも多いですが、投資家の判断に与える影響の大きさを意識して、正確にコツコツと業務を遂行することを心がけています。

髙澤施設見学では小学生をご案内することもあります。そんなときは言葉遣いにも気を配り、わかりやすい説明を心がけています。この日の思い出が、将来株や経済への興味関心につながってくれるといいなと思いつつ対応しています。

児玉SS職において最も大事なことは、円滑なコミュニケーションと自発的な行動力だと思います。業務の効率化や新たな課題の発見もコミュニケーションがあってこそ。また、GS職とSS職が協力して業務を遂行することも多いので、相互の確認はとても大切です。

-将来のビジョンについて

児玉まずは投資家やファンドからの問い合わせに十分対応できるよう、業務に関する専門知識を身につけたい。将来的には他部署でも経験を積み重ね、多角的な視点で柔軟に対応できるようになりたいです。また海外からの問い合わせも多いので、英語力を磨くことで仕事の幅を広げ、JPXに貢献したいと考えています。

深澤SS職として、どの部署でもGS職をサポートできるよう、社内事務の専門性を身につけることが重要だと考えています。もちろん、ただ与えられた仕事をこなすだけでなく、より積極的にGS職を支えていきたい。現在はまだまだ私から問題解決への提案を行うことは少ないですが、将来的には、多岐にわたる部署で専門性に磨きをかけつつ、積極的にGS職の業務にコミットできる人材になりたいです。

髙澤外国からの見学者が増えているので、英語でご案内できるよう努力しています。将来的にはやはりさまざまな部署を経験し、マーケットの知識を深めていきたいですね。会社にとって役立つ存在になることが目標です。

髙橋現在の部署では複数のタスクを同時並行でこなすことが多いため、今後は業務の正確性を高めつつ、タイムマネジメント力を磨いていきたいですね。周りの先輩方をお手本に、多くのことを吸収していけるよう頑張りたいと思います。