仕事と

17

日本の株式市場、日本経済、
世界に不可欠なシステムを
支える責任とやりがい。

ITサービス部
理工学部経営工学科卒
2000年入社

現在の仕事

ITサービス部は、売買システム、情報システム、清算システムなどJPXのあらゆるシステムを一元管理し、これらのシステムが問題なく稼働しているかを常時監視し、システム障害が発生した際は、IT開発部と協力しながら障害からの復旧を行っていく部署です。私はその中の運行グループに所属し、"arrowhead”と呼ばれる株式売買システムの監視、障害対応、より効率的な運用を行うためのルールづくりを行っています。

仕事をする上で心がけていることはなんですか?

起こりうるあらゆる事態を想定しながら、最善を尽くすことです。例えば、2013年5月24日、アベノミクス効果により、株式の注文件数が過去最高を記録しました。この時期、日々急激に売買が増加しており、ITサービス部では、1日にarrowheadが受け付けることのできる注文件数がシステムリソースの限界値に接触しないか、特別体制を敷いて監視を行っていました。もちろん私たちは、常に将来必要となるキャパシティを予測し、システムリソースの増強を実施していますが、それはあくまで予測にすぎず、その見込みを超えてしまうことも常に想定していなければなりません。

つねに先、先を考える必要があるわけですね?

システムリソースの限界値を超え、売買停止を実施するようなことになれば、日本経済や世界経済に与えるインパクトは大きく、日本取引所グループへの信頼も失われてしまいます。かといって、判断を誤り、売買停止を実施しないまま限界を超えてしまえば、既に売買が成立した注文の決済ができなくなってしまい、さらに大きな問題へと発展します。時として、売買停止を判断することも必要となります。この日は問題なく取引が終了しましたが、こういった急激な注文増加などの事象を経験するたび、自分が証券市場に欠かせないシステムを担当し、日本経済や世界に影響を与える仕事を担っていることを痛感します。責任の重さも感じますが、常に社会から注目されているという点でとてもやりがいのある仕事ですね。

現在の部署のミッションはどのようなものですか?

ITサービス部は売買、清算、情報系など取引所のあらゆるシステムを一元管理することで、運用品質の向上と運用コスト削減を目指しています。品質向上とコストカットという二律背反する命題を解くため、私たちITサービス部は、システム開発の段階から積極的に関わっていき、運用する側として、必要な要件・意見をシステム開発担当者に適切に伝えています。こうして主体的に関与していくことで、より効率的に運用することが可能なシステムが出来上がるのです。

現在の仕事の求められていることはなんですか?

ITの進歩に伴い、投資家の注文形態も急激に変化しています。注文発注から約定までの時間が1秒遅いだけでも、投資家が大きな不利益を被る可能性があります。したがって、そうしたサービスをより速く、確実に提供できるシステムを持つ取引所が今後生き残っていくのではないでしょうか。常に新しい技術やアイデアを活用できないか、自身のアンテナを張り、実行していく力が必要だと思っています。

今後、どんな人材をめざしていますか?

将来、必要となるキャパシティの予測や、緊急時の対応においては、自身の判断・考えだけでは当然限界があります。マーケット動向については株式部、システム関連についてはIT開発部、当社のシステムを利用してくださっている証券会社など、各分野のプロフェッショナルの意見を集約し判断をくだすことが重要なってくると思います。どんな時でもすぐに対応できるよう、誰とでも、つねにコミュニケーションがとれるようなフレキシブルな人材をめざしたいですね。

Career Step

キャリアステップ

2000-1年目
派生商品部に配属。株式やデリバティブなど取引所業務の基礎となる商品の知識を吸収。
2003-3年目
IT開発部に異動。東証のシステムの構成、システム開発の進め方を理解・習得。IT関連全般の各種技術を習得。協力会社の監理(納期、管理、工数)や開発ベンダとの交渉技術を学んだ。
2011-11年目
ITサービス部に異動。JPXのシステムの運用を担当。
社員の想いINDEXへ戻る
01
市場管理部取引管理室
システム情報工学研究科修了 2015年入社
02
株式部
経済学部卒 2018年入社
03
デリバティブ市場営業部兼エクイティ市場営業部
経済学部卒 2011年入社
04
OTCデリバティブ清算担当
社会科学部卒 2013年入社
05
考査部
法学部卒 2010年入社
06
上場推進部
人間・環境研究科 修了 2006年入社
07
考査部
都市社会文化研究科修了 2017年入社
08
上場審査部
経済学部経済学科卒 2008年入社
09
IT開発部清算システム担当
文学部卒 2008年入社
10
株式部
政治経済学部政治学科卒 2007年入社
11
上場推進部
理工学部卒 2007年入社
12
金融リテラシーサポート部
法学部卒 2010年入社
13
総合企画部
法学部政治学科卒 2005年入社
14
情報サービス部
法学部法律学科卒 2002年入社
15
IT開発部トレーディングシステム担当
情報理工学部先進理工学研究科卒 2001年入社
16
売買審査部
商学部経営学科卒 2000年入社
17
ITサービス部
理工学部経営工学科卒 2000年入社
18
上場部
法学部卒 1998年入社